このページではJavaScriptを使用しています。

大雪農業災害の復旧状況について|北海道新ひだか町就農サイト
新ひだか町新規就農情報サイト‐トップへ

大雪農業災害の復旧状況について

 平成30年2月5日に降った大雪は当町の農業生産施設に大きな被害をもたらしました。

ビニールハウスは400棟以上が雪の重みで倒壊し、これまでに無い規模の被害となりました。

大雪被災状況 大雪被災状況

被災直後の状況。雪の重みでハウスの鉄骨が曲がっています。

 当初は今後の営農活動さえも危ぶまれる状況となりましたが、倒壊したハウスは有志の皆様によるボランティア活動によって、順調に解体・撤去が進みました。

災害ボランティアの様子 災害ボランティアの様子

災害ボランティア活動の様子。多くの方々の尽力がありました。

 そして現在、多くの方々からの寄附による金銭的支援もあり、新しいハウスの建設が始まっています。

復旧状況

被災ハウスも着々と復旧しています。

 

復旧状況については、今後も随時お知らせしていきます。