このページではJavaScriptを使用しています。

静内ハウス団地|北海道新ひだか町就農サイト
新ひだか町新規就農情報サイト‐トップへ

静内ハウス団地について

静内ハウス団地

静内ハウス団地

ミニトマト栽培の実践研修農場

 静内ハウス団地は平成26年4月に供用を開始しました。当初は10棟程度のハウスでスタートし、現在では30棟余りのハウスが立ち並ぶ大規模な研修農場としてミニトマト栽培を学ぶ農業研修生達が日々、研修に励んでいます。

 ここでは初年度の農家研修で学んだ技術を一年間かけて実践します。ハウス団地では同時期に研修を開始した研修生達も各担当ハウスごとに研修を行うため、仲間づくりの場としても利用されています。同期の方たちと作物の生育状況や栽培の方法等を話し合って切磋琢磨し、個々のスキルアップにも繋がっています。

 ハウス団地には研修のために用意された各種農具やトラクター、軽トラック等を備えているため研修生が自前で準備する道具はほとんどありません。また、倉庫や男女別の更衣室、休憩室も敷地内に配備されており研修作業を行う上での心配を極力無くすように配慮されています。

 これまでに約20名もの研修生を受け入れてきた静内ハウス団地。ミニトマトでの就農を検討している方々は先輩方が巣立ったこの場所で一緒に研修をしてみてはいかがでしょうか。

H28年度静内ハウス団地の研修生

平成28年度 静内ハウス団地研修生